活動報告

2014.3.21 ラミン&パプゥライブ

すっかり暖かくなってきました。菊池の里山にも、春の訪れを感じます。
今回は、秋にライブを行ったラミンさんが、パプゥさんという相棒を引き連れて、横手庵に帰ってきました。
一体どんなライブになったのか・・・お楽しみに!

すっかり春めいてきました。
裏山には、たけのこも顔をのぞかせています。
会場づくりのお手伝い。
今回は、アフリカの小物や、菊池の里山でとれた
野菜の販売も行われました。
演奏に使う楽器です。手作りしているそうです。
一番新しいものは、二日前に作ったとか・・・。
お客さんが集まり始めました。
事前に告知していたため、楽器を持参された方も
いらっしゃいました。ところで、一体この楽器は何?
パプゥさん(左)とラミンさん
中には、Y.Yプロジェクトの活動の様子や
マリ共和国の写真の展示もありました。
開演の前に、先日いただいた表彰について
報告がありました。
さあ、ライブがスタートです!!
アフリカのリズムに、みんなどんどん
魅了されていきます。
楽器の説明もありました。
珍しい楽器ばかりで、みんな興味津々で
聞いていました。
2人のトークも会場を盛り上げます。
ラミンさんの奥様、由香さんから、
マリを支援するNPO法人立ち上げについて、
説明がありました。
ここで休憩。おでんが振る舞われました。
後半のスタートです。
心地よいリズムは、人々に時がたつのを
忘れてしまいます。




今回のスペシャル企画
観客とのセッションです!



1人目は・・・あの不思議な長〜い楽器を持っていた
男性です。ちなみに、ディジュリドゥという
オーストラリアの楽器で、ユーカリ(コアラが葉っぱを
食べる)の木で作られているそうです。
お客さんも大いに盛り上がります。
そして二人目。
まさかのバイオリンとの異色のコラボが実現!
今回も大盛況で終えることができました。
アフリカの陽気な音楽にのせられて、菊池の
里山にいつの間にか春の訪れを感じた今回の
ライブでした。みなさんも、きっとウキウキ、
ワクワクしたのではないでしょうか。
〜当日の感想より〜
・菊池でこんな本格的なアフリカ音楽が聴けるとは思いませんでした。また来たいと思います。面白いイベントを企画してください。
・素敵な音色とリズムにとっても癒され、元気をもらいました。
・楽しませていただきました!来てよかったです。
・春の訪れが感じられる里山でのライブ、とても素敵でした。
・楽しい時間でした!!初めて生で楽器を見ました。会場が一体となって楽しめる雰囲気も大好きです。
・すごく楽しい時間を過ごさせていただき感謝です。
・とてもとても楽しい時間でした。リズムとお二人のお人柄、マリがアフリカが、身近に感じられました。

トップへ