活動報告

2014.10.4 ラミン・トラオレさんのライブ

すっかり秋らしくなりました。前回のわいわいプロジェクトは、食欲の秋でしたので、今回は芸術の秋です!!
今回は、マリ出身のジェンベ、バラフォン奏者、ラミン・トラオレさんのライブを開催しました。
秋深まる菊池の里山にアフリカ楽器の音色が響き渡ります。

お客様を迎えるために、庭の手入れや会場の
セッティングをスタッフで行いました。
アフリカの小物やバッグ、CD等の展示、販売も
行われました。日本の物とはデザインも違い、
とてもすてきな物ばかりでした。
みなさん興味津々。
今日の楽器たち
奥様の紹介で、ライブスタート!!
ラミンさんのバチさばきに、観客のみなさんも
思わず見とれてしまいます。
楽器の説明もありました。音色の変化にみんな
思わず、「ほーっ」とうなってしまいました。
カメラも、あまりの手の早さに
ついていけませんでした。
観客のみなさんも、その早さと迫力に
圧倒されっぱなしでした。
アンコールでは、みんなでアフリカのダンスを踊り、
大いに盛り上がりました。
あっという間の2時間でした。
奥様と一緒に挨拶がありました。
最後に、ラミンさんから話がありました。
「僕の身体はどこでも楽器になるんだよ」
そう言って、口笛をいくつか
披露してくださいました。
この口笛もまた、音色が自由自在で、
みんなびっくり!
ライブが終わってから、ラミンさんにやり方を教えてもらい、チャレンジしましたが、
ほとんど音がでず・・・。難しかったです。
今度、熊本市内のモリコーネでライブを行うそうです。ぜひ、みなさんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

トップへ